Now Loading...

業務用エアコン、マルチエアコンの激安販売!専門工事をご提供!

無料お見積もり
値切ってメール
 

ガス(TES)エアコン交換工事事例(ビルトイン)

既存の室内機です。



配管に関しては現在お使いのものを利用できますので、
配管に沿って壁を壊すなどの大々的な工事が必要なものでもありません。

こちらの画像は点検口を開けたものです。

 いくら機械がコンパクトになったとはいえ、
さすがにこの広さで機器の交換や配管工事ができないので、今回は少々天井を開口します。



ガスエアコンから電気式エアコンへの交換の際には、
事前に
温水管の水抜きを東京ガス様へご連絡していただいて抜いてもらわなければなりません。

工事前に東京ガス様へご連絡をして水を抜いてもらっておいてください



吹出口の横に受光部を設置致しまします。




完成です。

詳しい工事内容はコチラをご覧

ガス(TES)エアコン交換工事事例(床置き型)

配管に関しては現在お使いのものを利用できますので、
配管に沿って壁を壊すなどの大々的な工事が必要なものでもありません。

配管工事に関しては下図参照


上記画像の温水管の水抜きは東京ガス様へご連絡していただいて抜いてもらわなければなりません。
工事前に東京ガス様へご連絡をして水を抜いてもらっておいてください



 温水管をメクラ処理し、冷媒配管をフレア加工して再利用します。


室内機に配管をします。





詳しい工事内容はコチラをご覧ください。ガス(TES)エアコン交換工事事例(床置き型)


ガス(TES)エアコン交換工事事例(天カセ)

こちら既存の室内機です。 室内機側は通常の入れ替え工事と同じです。


古くなった4方向形の天井カセットエアコンを一度撤去しました。



1枚目の画像と比較していただければ一目瞭然ですが、既存の古い天井カセット4方向形のエアコン新しく取付けた天井カセット形では明らかにエアコンのサイズが異なっていることが分かります。新しいエアコンはサイズが非常にコンパクトです。新しく取付けるエアコンと天井の開口寸法が合わない場合は、このように「ワイドパネル」を取付けることで開口部が露出しないように綺麗にエアコンを取付けることができます。


室外機の配管工事になります。
しかし、ずいぶんと大きな室内機ですよね?
水抜きは事前にガス会社様にお願いします。


少々見づらいですが、温水管をメクラ処理して冷媒配管は再利用しております。それ以上に室外機が既存室外機と比較して半分以下になっていることの方に驚くとは思いますが…。


詳しい工事内容はコチラをご覧ください。


ガス(TES)エアコン交換工事事例(壁掛けエアコン)

こちらの壁掛けガスエアコンを電気式へ交換します

ガスエアコンから電気式へ替える時には、まずは東京ガス様へご連絡していただいて温水管の水を抜いてもらわなければなりません。
※この工事が終わらない限り当社の工事が始められませんので、エアコン工事前にやっていただかなければなりません。

さすがに夏や冬に前日工事をしてしまうと暑(寒)い中を過ごすことになってしまいますので、工事当日午前の早い時間帯に東京ガス様に処理をお願いしているお客様が多いです。その後に温水管が不要になるのでメクラ処理と言われる処理を施すことから当社の工事が始まります。

少々見づらいですが、こちらが温水管をメクラ処理したものです。冷媒配管はフレア加工して再利用します。


こちらが工事終了後の室内機になります。



詳しい工事内容はコチラをご覧ください。


ガス(TES)エアコンからの交換・買い替えについて




ガスエアコン(TES)の入替工事は、経験豊富なエアコン総本舗へお任せください!


20年ほど前は、暖房効率が良いということで、東京ガスが盛んにガスエアコン(TES)の取り付けを勧めていました。
しかしここ数年、当社で増えている工事が、
ガスエアコン(TES)の老朽化や故障による電気式エアコンへの交換工事です。
現在ガスエアコンは、本体も部品も製造を終了しており、一度故障すると交換・修理を行うことは不可能です。
東京ガスはメンテナンスが困難であることを理由に、ガスエアコンから電気式空調機への入替を促しています。
他のメーカーも同様にガスエアコンの製造を中止していますので、入替の選択は電気式しかないと言ってもいいでしょう。

参考: ⇒ 東京ガスのガスエアコン生産中止のコメント




現在もガスエアコンをご利用のお客様には、

 『1.そのままガスエアコンを使い続ける』

☞『2.コストパフォーマンス等を考慮して電気式エアコンに取り替える』

この2つの選択肢が残されています。
実際、ダイキンやパナソニック、東芝・日立では、ここ数年のうちに空調機の省エネ・エコ技術が非常に進歩しています。
そのため、たとえ数年前に購入した機種であっても、現在の最新機種に入替したほうが長い目で見た場合の 電気代・維持費のシミュレーションで「代金の元が取れてしまう」というケースも出ています。
このような点から、機器の老朽化によって空調能力が低下したガスエアコンを今後も継続して利用し続けるよりも、 コストパフォーマンスが良い最新省エネの電気式エアコンを使う方が、長期的な目で見ればお得といえます。


参考: ⇒ ガスエアコンから交換の工事ブログへ




ガスエアコン(TES)から入れ替えの工事事例


ガスエアコン(TES)の交換で当社へご連絡をいただくお客様のほとんどが、

「配管を取り除くために、壁や天井を壊して工事しなければならないのか?」


「壁や天井を壊して工事しなければならないので時間もお金もかなりかかるの?」


「空調機を量販店で買ったが工事を断られて困っている!」


など、絶望感に打ちひしがれたお問い合わせをいただくことが非常に多いです。

しかし、ご安心下さい!
前記の通り、当社には多数のガスエアコン(TES)の入替工事実績がございます!


まずは、事前に温水管の水抜きを東京ガス様へ
ご依頼下さい。


その後は、当社でお取り扱いしている通常の入替工事と
同じ内容の工事となります。



以下、機種形状ごとの入替例を挙げておきますのでクリックしてご覧ください。



ガスエアコン(TES)からの入れ替えなら、マルチエアコンもお勧めです!



工事費用に関して

工事費用に関して、壁に埋め込むタイプ(ビルトイン)のものと壁掛けタイプなどとでは、
施工内容そのものが違いますので、工事費用は同じ金額ではありません。
また、隠ぺい配管につきましても、実際に現地調査という形で現場を拝見させていただく必要がございます。
他社でありがちな工事費用の追加請求が発生しないよう、当社では必ず工事個所を実際に調査をさせていただいたうえで、 お見積りのご金額を提示致しております。

※「お客様都合」で現地調査後に変更が生じたために、別途部材などが必要になった場合はご請求額が変わります。



やはり、エアコン工事の「プロ」に任せるのが一番安心

ガスエアコン(TES)が製造中止になり、今は電気のエアコンが一般的ですが、
やはりガスエアコンを交換する場合は、専門知識があって実績のある会社(作業員)に任せるのが一番安全で安心です。
お客様からお問い合わせいただいた内容を総合致しますと、ガスエアコンの専門知識に乏しい作業員が
見よう見まねで行った欠陥工事によりトラブルに遭われている方が非常に多いです。
当社は機器を格安で提供致しておりますが、一般の家電量販店とは異なる「エアコンの専門店」でございます。
だからこそ、当社はエアコン取り付けの工事技術力に対する信頼が厚く多くのお客様よりご注文をいただいております。
商品価格以上に「専門店ならではの工事技術」をセールスポイントとしております。
当社にご依頼いただいたお客様の多くは、工事技術にご満足下さり、二度、三度と繰り返しご注文をいただいております。

エアコンは一般の家電製品ではございませんので、悔いのない選択をしていただければと思います。

ガスエアコンの入替工事に関して工事内容や費用・価格等について
ご不安・ご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせ下さい。
知識・経験豊富な営業スタッフが懇切丁寧にご案内致します♪