Now Loading...
 

隠ぺい配管について

いざエアコンを入替えようとした時に、隠ぺい配管を理由に工事を断られたことはございませんか?そもそも隠ぺい配管とは一体どんなものなのか、詳しく説明していきましょう。

隠ぺい配管とは?

通常の配管

隠ぺい配管

隠ぺい配管とは、エアコンの配管を壁の中や天井裏の内部に隠し、外から見えないようにする配管の通し方です。
ルームエアコンなどでは通常、室内機の裏側に室外機を設置する為、室内機側の壁面開口部と屋外の開口部の高さが同一で外壁に配管を這わせる露出配管という方法が殆どですが、設計上やむをえなかったり、機器の設置自由度を重視した建物(デザイナーズマンションなど)には多く採用されています。
基本的に隠ぺい配管は建築中に配管を埋め込んでいますが、天井裏や壁の中に配管を通せるスペースだけつくっておき、エアコン設置時に配管を通す『さや管方式』もあります。

どう判断したらいいのか?

  • 室外機側の壁面に配管が沿って露出していない。
  • 室内機と室外機が離れた場所にある。
  • 配管が廊下や壁を越えている。
  • 室内機の付近に点検口がある。
  • 外に面していない・高層階でベランダが無い。
  • ハウジングエアコンマルチエアコンである。
※あくまで目安ですので、詳しくは調査が必要になります。もちろん弊社でも対応OK!無料の現地調査をご利用ください。

メリット

  • 建物の美観を損なわない
  • 通常むき出しになってしまう配管を殆ど壁の中に埋めてしまうので、外観がスッキリします。

  • エアコンを好きな位置に配置できる
  • 壁がある場所ならある程度好きな位置に室内機・室外機を配置することが可能です。
    室内機を設置した部屋と反対側の庭やベランダに設置したいなども可能です。
    また、室内機を天井埋め込み式のビルトインタイプにすると、壁にスペースが無くても設置できる為さらに自由度が増します。

デメリット

  • 工事費が高くなる
  • 壁に配管を埋め込む作業をするので、通常より工事費が高くなります。
    配管が長ければ長いほど、延長費用がかさみます。

  • 取り付けできないエアコンがある
  • 加湿機能付き・フィルター自動お掃除機能付きで自動排出方式の機種・一部メーカーの機種などは、配管が2つ必要なため、隠蔽配管にするのは難しいです。
    可能な場合でも、配管2つ分の工事が必要なので工事費がさらに増えます。

  • 異常時に対処しづらい
  • 配管に何かしらのトラブルがあった場合、通常よりもトラブル部分を見つけ出すのが難しいです。
    点検口がない場合は、外壁を削り中の壁を壊してから修理するという場合もあるので、対処に時間が掛かる上、修理代も高くつきます。

  • エアコンの効率が落ちる
  • 通常よりも長い配管を使用している為、空調効率が落ちます。その分電気代も増えてしまいます。

隠ぺい配管の工事について

上記の通り隠ぺい配管の工事は通常の工事(露出配管)とは違い、特殊な技術と経験が必要になってきます。

工事が難しい理由

  • 埋まっている配管の状態の確認が難しい
  • 配管が壁や天井に埋まっている為、どういった状態になっているか確認がしづらいです。
    隠ぺい配管のエアコン入替え工事の際はその埋まっている配管の交換が難しい為、基本的には再利用して入替えを行うのですが、前提として配管が傷んでいないことが条件になります。
    配管が再利用できるか否か、再利用が可能でもどのくらい継続して使用可能なのか、この判断や検査が難しい為に工事を断る業者が多いです。
    また、交換が出来ないことを素直に伝えてくれる業者ならまだいいですが、稀にあたかも隠ぺい配管は配管の再利用が出来ない前提で話を進めてくる業者もいるので注意が必要です。

  • 配管の再利用が難しい
  • 配管の再利用が可能でも、通常の入替え工事よりも特殊な技術を要します。
    まず、配管を溶接して繋げる技術です。エアコンによってこの繋ぎ位置は変わってくるので経験も必要になってくる上に、繋ぎが甘ければガス漏れを起こしてしまいます。さらに、高温のバーナーを使用する為、室内で行う場合は細心の注意を払わなければなりません。
    また、入替え機種の配管サイズと隠ぺい配管のサイズ・電線が合わない場合、再利用が出来ないこともあります。
    次に、配管の再利用が可能でも、洗浄が必要な場合です。この場合は、技術的な問題よりも、洗浄作業自体に大きな金銭的負担がかかってしまう点です。※数万が相場です。
    新たにエアコンの設置工事を行ったほうが安く上がる…なんてことも起こりえます。

  • 配管の交換が難しい
  • 『配管の再利用が出来ない。交換が必要だ。』
    そうなった時に配管の入替えが難しい場合があります。
    左図のように余裕を持って作業ができる点検口が設置されている場合は配管の入替えが可能なことが多いですが、それが難しい・点検口が無い・複雑に配管が引いてある場合の配管の入替え時は、一度壁や天井を壊して埋まっている配管を入替え後、再度壁や天井を作るというリフォーム規模の大変大掛かりな工事になってしまいます。

    配管と聞くと端から引っ張ったら簡単にスポッと引っこ抜けそうなイメージですが、エアコンの配管は、芯が銅管でその周りが断熱材という実は結構しっかりした作りになっている為、屈曲があるといくら引っ張っても簡単には抜けません。なので、簡単には入れ替えができません。
    最近は一部のメーカーで、配管のサイズが異なっていても再利用可能なエアコンが登場したため配管の交換が減少傾向にありますが、その対応範囲には限りがあります。
    配管の再利用の対応範囲はメーカーにより異なりますので機種選定は特に注意が必要で、どのメーカーの条件にも合致しない場合は配管の交換が必要になってきます。

隠ぺい配管の工事はお任せください!

配管溶接の様子

エアコンはただの家電ではなく、設置にはきちんとした技術が必要な住宅設備機器で、取付工事よって寿命が大きく左右されます。
特に隠ぺい配管のような特殊な工事を行う際は、安直に入れ替え費用の安さだけで業者選ぶことはおススメしません。
しっかりとした技術力と実績にフォーカスした業者選定を行う事がポイントになります。
弊社ではこれまでに多くの隠ぺい配管のエアコン入替え工事実績がございます。

実際の工事の様子を詳しくまとめましたので、是非ご覧ください。
配管ルートの調査から、実際に入替えを行う際の配管の再利用技術や、配管の入替えとそれに伴うリフォームのご提案も行っております。
隠ぺい配管の工事でお困りのお客様はぜひお気軽にご相談ください。

商品を探す

お役立ち情報

TOP

© 2013 Fujitec co.,ltd. All Rights Reserved.