Now Loading...

業務用エアコン、マルチエアコンの激安販売!専門工事をご提供!

 

暖房特集


暖房特集

エアコンの暖房で、冬も快適!

目次


暖房器具は、色々ありますよね。こたつ、電気カーペット、ストーブ・・・。
エアコンは、暖房能力が高いことをご存知でしょうか?

暖房器具のメリット・デメリット

暖房器具のメリット・デメリットを比較してみましょう。
暖房器具のメリット・デメリット比較

※2.上記比較条件における試算。床上0.6mの平均温度が運転開始(5℃)から設定温度(22℃)に達するまでの時間。

部分的に暖めるのなら、電気ヒーター等有効ですが、部屋全体に早く暖めたいなら、エアコンが一押しです!
また、お子様がいる家庭、高齢者がいる家庭ならば空気がクリーンで火傷の心配がないエアコンが安心です。

気になる電気代

エアコンの暖房は、エネルギー効率が良く経済的です。

エアコンの高い暖房効率の秘密「ヒートポンプ」

エアコンは、「ヒートポンプ」により多くの熱量を生み出すことが出来ます。「ヒートポンプ」とは、室外機で空気中の熱を取り込み、室内機から放出する技術です。
ヒートポンプ
この「ヒートポンプ」により、効率的に室内の空気を少ない電力で暖めることが出来るのです。
エアコンの暖房効率の秘密は熱を「自分でつくらない」ことです。
では、熱を「自分でつくる」電気ヒーターと「自分で作らない」エアコンを比較してみましょう。

エアコンと電気ヒーターの比較

エアコンと電機ヒーターの比較 参考:日本経済新聞

図のように、電気ヒーターは消費電力と同程度の熱量しか生み出しません。
しかし、エアコンは使用した電気の約5倍の熱量で暖房が可能です。

※発電所の発電効率は低く、1次エネルギー(燃やした燃料)の37%しか2次エネルギー(電気)になりません。
ガスや石油の暖房機器も同様で、燃料の熱量分以上の熱を発生させることは不可能です。

メーカーの特長

ダイキン

POINT1 アクティブ・サーキュレーション気流

ダイキンの独自技術である「アクティブ・サーキュレーション気流」なら、温度ムラを軽減して部屋全体が快適に!

アクティブ・サーキュレーション気流 アクティブ・サーキュレーション気流 温冷感の判定イメージ

すばやく暖まって、足元までしっかり快適

POINT2 センシング機能

ダブルセンサーでフラップごとの風向を自動制御

※1.S-ラウンドフロー〈センシング〉タイプ、ワンダ風流〈センシング〉タイプの場合。
※2.人検知センサーは床上80cmでの範囲です。
※3.S-ラウンドフロー〈センシング〉タイプ、エコ・ダブルフロー〈センシング〉タイプ、ワンダ風流〈センシング〉タイプの場合。
※4.床温度センサーは床面上での範囲です。
※5.Eco全自動または風向自動モード+自動風あて・風よけ設定有効時。
※6.室内状況により「自動風よけ」でも風があたる場合があります。冷房運転時は、人に風をあててすばやく快適にする「自動風あて」も選択できます。

ダイキンのホームぺージより引用 ダイキンエアコン(天井カセット型)

パナソニック

POINT1 湿度センサー新搭載で、更に節電

人の動き・床面温度に加え、湿度まで検知

360°センシング

*エコナビセンサーから遠ざかるほど、人を検知するには大きな動作が必要になります。
*エコナビセンサーの資格になる場所では、人を検知することはできません。
*熱源や冷却するものが検知エリア内にあるとセンサーが正しく検知できない場合があります。

POINT2 節電性能向上、サーキュレート制御が進化

人の動きに応じて、賢く節電

人感センサー


不在が指定時間継続した場合
指定した不在運転モードで運転。

*体の不自由な方や乳幼児だけが在室する状況でエコナビ機能を使わないでください。
動きが小さい状態で長時間経過するとエコナビセンサーが不在と判定し、運転が停止することがあります。
*不在運転モード中に人を検知した場合、人の活動量に応じた運転状態に戻ります。

湿度センサー

温冷感指標★1より導き出した運転制御で省エネ運転。

★1 温冷感指標とは、温度、湿度、気流、輻射、着衣量、活動量の6要素により、人間が感じる温冷間指標です。
*設定条件とは、エコナビページを参照

POINT3 独自の「サーキュレート制御」で空気を循環させ、素早く快適空間
360°センシング

暖房中、床温センサーで床温が低いことを検知した場合に、天井と床付近の温度ムラを低減するパナソニック独自の サーキュレートフラップ動作(空気循環)運転を行い、床付近の温度を早く上昇させ安定させます。

*個別風向設定ありの時は設定できません。

室内機2台以上設置の場合

「風よけ」設定時に、人の不在を検知して、自動でサーキュレート運転します。
360°センシング

外部機器(照明、外気処理など)との連携が可能。

[在]→[不在]の変化を検出時:外部機器の運転をオフ。
[不在]→[在]の変化を検出時:外部機器の運転をオン。

パナソニックのホームぺージより引用 パナソニック(天井カセット型)