Now Loading...

業務用エアコン、マルチエアコンの激安販売!専門工事をご提供!

 

ハウジングエアコンをお探しのお客様へ

ハウジングエアコンをお探しの皆様へ

ハウジングエアコンとは?

ハウジングエアコンとは、壁掛形エアコン以外の住宅用エアコンの総称です。
タワーマンション、デザイナーズルーム、戸建て…、設置やレイアウトの自由度が非常に高く、設置環境に合わせて様々なバリエーションを選択できる上に、機能性も高いというメリットがあります。

ハウジングエアコンを選ぶ

前記の通り、壁掛け形のエアコンよりもレイアウトや機能性のバリエーションが多いのが特徴のハウジングエアコン。
例えば、リビングダイニングのような2つの用途を持つお部屋には、吹き出し口が2つの天井カセット形2方向が、和室には、室内の雰囲気に合わせた和風グリルの壁埋込形エアコンがオススメです。
形状ごとに特徴・メリット・デメリットをまとめましたのでご覧ください。

天井カセット2方向

特徴

天井に埋め込むタイプのエアコンで2方向に風が出るタイプのエアコンです。
このタイプは方向により風量バランスの切り替えが可能です。
照明ラインときれいに調和し、リビングダイニングなどの広い場所に最適です。
吸込み口吹出し口が、各々2本ずつの細いラインでお手入れも簡単です。

メリット

  • 両サイドに風を送ることができるので細長い空間に効果的。
  • 天井と一体化するのでインテリアの雰囲気を損なわない。
  • パネルの色を選ぶことができる。

デメリット

  • 天井に穴を開けないといけない(天井裏のスペースも必要)。
  • 天井までの高さが5m以上だと風が足元まで届かない。
  • 設置工事費が天吊型や壁掛型に比べて高い。

天井カセット1方向

特徴

天井に埋め込むタイプのエアコンで1方向に風が出るタイプのエアコンです。
シングルフロー、1方吹きなどとも呼ばれています。
天井の隅に設置する場合おすすめで、下がり天井設置も可能。
下吹き、前吹きが自在に選択可能なので、設置場所に応じて最適な吹出しが選べます。高天井にも対応しています。

メリット

  • 細長い空間や下がり天井に効果的。
  • 天井と一体化するのでインテリアの雰囲気を損なわない。
  • パネルの色を選ぶことができる。

デメリット

  • 天井に穴を開けないといけない(天井裏のスペースも必要)。
  • 天井までの高さが5m以上だと風が足元まで届かない。
  • 設置工事費が天吊型や壁掛型に比べて高い。
  • 1方向なのでエアコンの真下や両サイドに風がいきにくい。

壁埋込形

特徴

壁の中に本体を埋め込むタイプのエアコンです。
露出部分はグリルのみなので、和室はもちろんシンプルな洋室にもマッチするデザインです。

メリット

  • 室内のレイアウト、デザイナーズ物件などに合わせて柔軟に対応できる。
  • 天井と一体化するのでインテリアの雰囲気を損なわない。
  • お部屋に合わせてグリルのタイプを選ぶことができる。

デメリット

  • 壁の中に埋め込むタイプなので、その分のスペースと穴をあける必要がある。
  • 設置工事費が天吊型や壁掛型に比べて高い。
  • メンテナンスに手間がかかる。

ビルトイン形

特徴

天井や壁などに埋め込んで直接吹き出したり、ダクトを用いて吹き出したりできるタイプのエアコンです。
下り天井や押入の天袋・地袋など、室内の構造をうまく利用することで、多彩な設置プランに対応できます。
吹出口が本体から分離しているので、変形間取りに設置可能です。
1室内ユニットあたり吹出し口は2〜4個設置できます。

メリット

  • 室内のレイアウト、デザイナーズ物件などに合わせて柔軟に対応できる。
  • 天井と一体化するのでインテリアの雰囲気を損なわない。
  • 吹出口のタイプを選ぶことができる。

デメリット

  • 天井に穴を開けないといけない(天井裏のスペースも必要)。
  • 設置工事費が天吊型や壁掛型に比べて高い。
  • メンテナンスに手間がかかる。

床置き形

特徴

床に直接置くタイプのエアコンです。
床スペースをとらず、据付工事も簡単。床置ですので、お掃除も簡単です。
暖房効果が気になる高天井空間にもおすすめです。

メリット

  • 天井が高くても、足元まで風を送ることができる。
  • 取り付けが簡単で設置工事費が安い。
  • 手入れが簡単にできる。

デメリット

  • 1方向なので温度ムラができやすい。
  • 設置するためのスペースが必要になる。
  • 配管が露出する。

【番外編】窓置きエアコン

特徴

文字通り窓に設置するタイプのエアコンです。
※特殊な窓には取り付けできない場合がありますのでご注意ください。
一般的なエアコンの室外機を設置できないご家庭でも、窓用エアコンならば取り付けられる可能性があります。
『室外機が取り付けられないから』とエアコンを諦めてしまう前に、窓用エアコンもご検討してはいかがでしょうか。

メリット

  • 取り付けが非常に簡単。
  • 室外機がないので、その分のスペースを確保する必要がない。
  • 壁に穴を開ける等の工事が必要ない。

デメリット

  • 通常のエアコンより効きが悪い。
  • 運転音が大きい。
  • 他の形状のエアコンに比べると電気代が高い。

工事もモチロンお任せ!

当社では多くのハウジングエアコンの入替・新設の施工実績があります。
しっかり確実な工事を行うのはもちろん、管理組合への工事申請から機器の搬出入時の養生 (汚れ防止のためビニールなどで経路を覆う)まで、周囲の環境にも十分配慮して工事を行います。
特にハウジングエアコンでは、量販店では工事を断られたというお客様からご相談をいただくことが多いです。
ウチは設置がきるのかな…?工事費とかいくらぐらいになるんだろう…?とりあえず見積もりだけでも出してほしいんだけど…
そんな疑問をお持ちの方、まずはお気軽にご連絡ください♪見積もりは無料です!

物件管理会社様・不動産会社様へ

入居者様との工事日調整や、工事の立ち合いなど、エアコン管理の手間でお悩みではありませんか?エアコン工事は専門店に任せて、業務効率アップ!
  • 入居者様と工事日の打合せを直接行います。
  • 空室に関しては立ち会いなしで工事完了し、写真でご報告を差し上げます。
  • 一棟総入れ替えなど、まとめ買いに関するご相談も承っております。
多数の物件オーナー様、不動産会社様から繰り返しご依頼をいただいております。
当社に工事をお任せいただければ、施工後も安心です。ぜひご検討下さい!
エアコンに関するお悩みがございましたら、お気軽にご連絡ください♪