Now Loading...

業務用エアコン、マルチエアコンの激安販売!専門工事をご提供!

 

パッケージ(業務用)エアコンをお探しのお客様へ

業務用エアコンをお探しのお客様へ

当社でお取り扱いしている業務用エアコンを形状・能力・メーカーの特徴ごとにまとめました。
どのメーカーのどの形状を取り付けたらいいかよく分からないという場合も、親切丁寧にご案内致しますので、お気軽にお問い合わせください♪

形状から探す

業務用エアコンには様々な形状のものがあり、それぞれ用途やメリット・デメリットが変わってきます。
店舗やオフィスなどで使用する際には、利用可能な形状の中からお部屋の間取り、建物の構造に合わせて お好きな機種を選択することが可能です。
ここでは室内機の形状別にご紹介いたします。
※画像クリックで表示

天井カセット4方向

特徴

吹出口が4方向のタイプです。
業務用エアコンの中でも、70%以上に採用されている最もポピュラーなタイプです。
人感センサーや除菌、自動フィルター掃除機能など多くの付加機能が標準やオプションにあります。
※設置するためには、天井の懐高が30〜35cm程度必要になります。

メリット

4方向に風を送る為、温度ムラができにくいです。
また、風向調整機能など充実しています。

デメリット

特になし。

天井カセット形2方向

特徴

吹出口が前後2方向のタイプです。
オフィスや公共施設の照明ラインときれいに調和し、また廊下などの細長い場所に最適です。
※設置するためには、天井の懐高が30〜35cm程度必要になります。

メリット

廊下など細長い間取りに適しています。

デメリット

4方向タイプに比べ風が偏りやすい。
メーカーにより大きさも異なるため設置前に確認が必要です。

天井カセット形1方向

特徴

吹出口が1方向のタイプです。
下がり天井や、部屋の隅にしか埋め込みスペースがない場合にオススメ。
※設置するためには、天井の懐高が30〜35cm程度必要になります。

メリット

下がり天井に設置した場合は前吹出しや、下吹出し+前吹出しの2方向も可能です。

デメリット

4方向・2方向タイプに比べ風が偏りやすい。
メーカーにより大きさも異なるため設置前に確認が必要です。

天井ビルトイン形

特徴

室内機を天井内に埋込み、本体からダクトで吹出し口を分散して店舗内の形やインテリアに合わせた最適な空調環境をつくれます。

メリット

吹出口を本体から離して設置できるので、レイアウトが自由。
デザイナーズ物件などに合わせて柔軟に対応できます。

デメリット

他の形状の業務用エアコンに比べて、部材や工事費用が比較的高くなります。
天井内部の状況(梁・配管等)によっては、施工不可能な場合があります。

天井埋込ダクト形

特徴

室内機を天井内に埋込み、本体から吸込口や吹出口を分散させる為、天井面には吹出口のみ。
インテリアにこだわる空間で、空調機の存在をなくしたい場合に最適です。
※設置するためには、天井の懐高が30〜35cm程度必要になります。

メリット

天井面には吹出口のみなので、レイアウトが自由。
デザイナーズ物件などに合わせて柔軟に対応できます。

デメリット

他の形状の業務用エアコンに比べて、部材や工事費用が比較的高くなります。
天井内部の状況(梁・配管等)によっては、施工不可能な場合があります。
空調機が完全に隠れるので、メンテナンスが難しくなります。

天井吊り形

特徴

天井カセット・天井埋込エアコンを設置出来ない場合などによく選択される、天井に本体を吊るす 1方向吹出しタイプです。
店舗や教室などに使用されることが多いです。

メリット

各メーカーが高天井や奥行きのある店舗向けに吹出し気流を工夫しているので、設置場所に応じた選定がしやすい。
天井面に設置されるため、壁掛、床置よりはインテリアとの調和がとりやすいです。

デメリット

埋めこまないので空調機器を見えるところに設置する必要があり、配管が室内露出になる場合が多い。

壁掛け形

特徴

家庭用でもお馴染みの壁掛けのルームエアコンが業務用の馬力を持ったタイプです。
馬力により大きさが変わります。
施工費も含めたコストパフォーマンスが高い形状。

メリット

比較的に工事費用が安価でメンテナンス性も良い。

デメリット

天井に設置するタイプよりも、温度ムラができやすい。
また、配管が室内露出になる場合があり、壁面スペースが多少犠牲になる。

床置き形

特徴

各メーカーが機器をスリムに設計して、従来より圧迫感がなく施工性や操作性も良くなっています。
施工費も含めたコストパフォーマンスが高い形状。
工場や倉庫での採用が多い。

メリット

取付が最も容易で、比較的に工事費用が安価でメンテナンス性も良く店舗や工場など幅広く使われています。

デメリット

設置スペースが必要になる。
また、メーカーにより空調機器の大きさが異なるため確認が必要。

能力(馬力)から探す

業務用エアコンを選ぶ際に重要なポイントになってくるのが能力(馬力)です。
設置するお部屋の面積はもちろん、お部屋の用途や事業内容によって選定する機器の能力(馬力)が変わってきます。

メーカーから探す

現在、業務用エアコンメーカーとして有名なのは、
『ダイキン』『東芝』『パナソニック』『三菱電機』『三菱重工』『日立』の6メーカーです。
当社ではこのすべてのメーカーを取り扱っております。
記載している以外にもお取り扱いしているメーカーがございますので、お探しのメーカーがございましたらお気軽にお問い合わせください。

ダイキン

商品価格帯 ★★ 電気代 ★★★
サポート ★★★★★ 耐久性 ★★★★★
修理対応 ★★★★★ 国内シェア ★★★★★
業務用エアコンのシェア40%近くを占めている国内シェア1のメーカーです。
24時間メンテナンス受付と、アフターフォローもバッチリ。
故障にも強く、省エネ性能・クリーンに使える機能が多く搭載されています。

工事力に自信があります!

事業所(オフィス)・飲食店・医院・美容院・学校・ギャラリーなど、豊富な施工実績がございます。
また、当社は一般建設業の許可も取得しており、大規模な工事を受注することが可能です。
ビルのテナント様への配慮、機器の搬出に使用する重機の交通許可申請などについても熟知しております。
ビルの1室のみ、ワンフロア全体、建物一棟分の空調総入替まで幅広く対応致します。

設置が難しい場所、他社で断られてしまった工事も是非お任せください!
設置場所・ご予算・機器の選定を含め、お客様のご要望をしっかりとお伺いしたうえで、専任の営業担当が丁寧に対応致します!